今年で5回目の募集をしている会社。

スポンサーリンク
派遣&アルバイト

昨日は仕事が客室清掃の仕事が早く終了(16:00)したので帰りにコンビニに寄りました。

自宅に帰宅しつい癖で手に取ってしまった無料求人情報誌を見ていた。

そこにある求人を見つけました。

普段私は仕事に対する使命感なんかはゼロなのに、ある求人を見た瞬間私は勝手な使命感に燃えた。

それは私が保養所をバックレた後、今年5月2日に面接に行ったベンチャー企業がまた募集していたのです。

5月2日にベンチャー企業に面接に行った際、社長に面接を行って頂いたのですが、

意識だけ高い系&上から目線が半端なかったので、採用の電話がありましたが、逆サイレントお祈りを致しました。

面接時の様子・求人の詳細部分は重複してしまいますので詳しくは下記をご覧ください。

①詳しくは「ベンチャー企業の面接。結果は私から逆サイレントお祈りをさせて頂きました。 」をご覧ください。

②「3ヶ月間で4回も求人を出している会社。 」3ヶ月で4回も募集しているベンチャー企業のことについて書いた記事です。

求人の内容は私が面接に行った時と同じ内容です。

【時間】

8:00~17:00の間で3hから応相談※午前・午後のみOK 

【待遇】

社会保険完備・交通費規定支給 

になります。

しかし今までと違う部分があります。

それは入社祝い金制度が出来たことです。

私が5月2日に面接に行った時ベンチャー企業は入社祝い金制度が無かった。

ただ入社祝い金がたったの1万円。

それを見た瞬間、

『は?ふざけてるの?』

と思った。

2018-07-26-220722

これだけではありません。

入社祝い金制度(1万円前後/規定有) 

ふざけているにも程があります。

支給無しよりはマシかもしれませんが、もう1回言わさせて頂きますが、たったの1万円。

1万円前後ということは9,000円の可能性もあります。

入社祝い金の目的の1つに、従業員が1人でも多くの人に応募してもらいたい、一定程度勤務した時にお祝いに支給するなど、

従業員のモチベーションを向上させる目的も兼ねていると思います。

それがたったの1万円。

7月上旬にも募集していましたが、また短期間の間に再募集。

私は確信した。

従業員が辞めたに違いないと。

募集しているのは現場仕事。

私が面接した業務内容は、通販部門で事務作業・ピッキング作業です。

私が応募した職種は違いますが、現場作業はビニールハウスでとある野菜の収穫作業を行います。

私は高原野菜アルバイトでビニールハウス内で草取り・種まき・水やりなどの作業を経験した事があるので分かりますが、この時期のビニールハウス内の作業は半端なく暑いです。

さらに今年の夏は例年に無い位に暑いです。

例えますとサウナの中で作業をしていると想像して頂ければ良いです。

多分退職者が発生したのに違いありません。

それに伴う欠員募集。

ベンチャー企業の面接に行き感じたことは、

「この会社はまた募集するに違いない」

と予想していましたが、案の定その通りになってしまったのです。

あのスタッフそれ以上に社長では上手く人を使いこなすことは厳しいと思っていましたし、さらにこの暑さ。

ビニールハウス内は天然のサウナ状態です。

今年で5回目の募集。

さらに募集することは間違いありません。

コメント

  1. 匿名 より:

    前の上司達は、よく昼飯代をくれました。(3000円とか)
    今のは、シュークリーム、1つ。
    何か、好きになれません(笑)
    給料は変わらないと思うんです。(50位)
    そういう所に人間性って、出ますよね!

  2. 青梅太郎 より:

    お疲れ様です。
    台風が接近していますので、お気をつけください。
    車内で大雨の音に耳をすませる台風エアも、また乙なものかも知れませんが(笑)
    私も在職中ですが、毎週無料求人誌には目を通してます。
    相も変わらず、毎週のように募集している会社を見る度に「広告費の無駄だなぁ」と思います。
    ハローワーク求人の場合、初回公開から2ヶ月もすると、求職者からの応募は、ほぼ無くなるらしいです。
    おそらく求人広告でも、求職者の反応は同じようなものかと。
    そりゃ、常に募集している会社が普通じゃ無いことくらい、誰でもわかりますからねぇ…

  3. マーシー より:

    匿名さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    長く続く良い会社には部下の面倒見が良い上司がいるのです。
    昼飯代をおごってくれるという事は、多少は部下を気にかけてくれている証拠です。
    離職率の高い会社は上に立つべき人間が居ないという問題もあります。
    普段の何気ない気配りはすごく大事です。「塵も積もれば山となる」で普段の何気ない気配りの積み重ねが、いい結果を生む可能性もあるのです。

  4. マーシー より:

    青梅太郎さんこんばんは。引き続きコメントありがとうございます。
    台風が直撃するかもしれません。ただ予約がキャンセルになれば少し楽になるので、私にとっては良いことかもしれません。
    自動車工場の機械音に比べれば雨の音は全然マシです。
    私が面接に行ったことのあるベンチャー企業は人を集める為なのかは分かりませんが、入社祝い金1万円支給有 と求人に記載していました。
    1万円で何かが変わるかと言えば変わりません。思い切って入社祝い金20万円とかであれば話は別ですが。
    常に募集している企業は求職者からすれば、「まだ募集している・・・。」と思ってしまい、「何か問題があるのかも」と敬遠しがちになってしまいます。

  5. 454 より:

    まあいいじゃないですか。
    祝金取って即バックレたら多少はお得感あるでしょう。
    それを警戒してそのお値段なんです。

  6. ポチ より:

    マーシーさん、こんばんは。
    入社祝い金1万円前後でもあるのと無いのとでは違うと思いますよ。
    1万円前後あれば、例えばそのお金で携帯電話代が払えるとか食費の足しになるとか考えると有り難いものです。
    ただ私が貧乏症という事も大いにありますが…。
    2年前に派遣の面接に行った時、交通費としてクオカード1000円分が貰えて凄く嬉しかったのを覚えています。入社祝い金はありませんでした。

  7. まさる より:

    他人のことをいつまでも悪く言うのはやめようよ。
    きみの器は小さく感じるよ。

  8. 1万円前後 より:

    交通費(定期代)じゃないの?
    2年振りにハロワ行ったら
    まったく同じ会社がいくつもあったよ
    ハロワの場合、採用する気ないのに掲載だけしてるのも多いよ

  9. マーシー より:

    454さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    祝い金取って即バックレは会社にとって一番ダメージがあります。
    バックレを警戒している節はありますが、1万円は少なすぎます。
    私が5月2日にベンチャー企業の面接を受けた時には、入社祝い金1万円はありませんでした。多分従業員が辞めたのでしょう。
    入社祝い金20万円支給とかであれば、惹かれます。
    もちろん一括支給ではありません。何回かに分けて支給でも構いません。

  10. マーシー より:

    ポチさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    入社祝い金1万円、なにも無いよりはマシですが、期間工の入社祝い金に比べますと雀の涙です。
    期間工の入社祝い金は普通に10・20万円とかあります。中には総額45万円という自動車メーカーもあります。
    派遣会社の面接に行きますと交通費としてクオカードを貰える派遣会社もあります。
    中にはクオカード500円分という派遣会社もあります。

  11. マーシー より:

    まさるさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    自分でも「小さい人間だなー」と実感しております。
    それと同時にブログは書きたいことを書けるのが、ブログの良い点ですので、これからも自分の思ったことを書いていきます。

  12. マーシー より:

    1万円前後さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    交通費の可能性も否定できませんが、それでも1万円は少なすぎです。それも1回きりです。
    募集する気が無いのにハローワークに求人を出している、いわゆる空求人があるという噂が以前からあります。
    ハローワーク側も求人数が少ないと物足りなく体裁が整わないので、ハローワーク側にもメリットがあるのかもしれません。
    まったく同じ会社・常に募集している会社は要注意です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました