仕事が続かない男。2022年の職歴が酷すぎた・・・

スポンサーリンク
マーシーの履歴書(職歴&学歴&プロフィール)

本当はこうなるはずだった2022年

別にウリにしている訳でもないし、社会では1ミリも役に立たない自分自身の転職回数。

でも《マーシーのウリは何なの?》と質問を受ければ

〈転職回数の多さ〉と返答せざるを得ない。

でも専門学校を卒業する直前はこの様な青写真を描いていた。

社会人となって真面目に働き30代前半で結婚をして、マイホームを購入して愛する奥さん・子供2人で幸せに暮らす。

去年(2022年)は専門学校を卒業して20年の節目の年。

〈勝負の1年〉と位置付け気合を入れて臨んだ2022年。

こうなる予定のはずだった・・・

➀5月から高原野菜アルバイトに本気の挑戦をして、10月末の契約期間まで責任を持って働いて退職。自分に自信を付ける。

②11月は1ヶ月間夢のビジネスホテル生活を実行して優雅に暮らす。

③12月~翌年3月末までは新潟のリゾートマンションで生活。4月の天下分け目の大決戦(愛知県で寮完備の自動車部品製造)に向けて毎日大浴場にサウナの贅沢三昧で英気を養う。

④2023年4月から愛知県で寮完備の工場派遣のお仕事に挑戦し、中古住宅を購入する費用を貯める。

⑤数年後中古住宅を購入し田舎暮らしをスタート。

現実は甘くはない。

転職に転職を重ね2022年の転職回数は

9回

かろうじて10回の大台を回避する事ができただけで勝利した気分になっている自分自身のレベルの低さ。

先程〈転職に転職を重ね〉との表現を用いたけど実際は〈逃げに逃げた〉方が表現として正しいのかもしれない。

今回は私マーシーの2022年の職歴をご紹介させて頂きます。

今年も仕事飛びました。仕事が続かない男のヤバい職歴

➀2月工場短期バイト(1日)→初日から憂鬱で90分でバックレ

②2月ゴルフ場(1日)→きつくて1日でバックレ

③工事現場警備(短期6日)→契約期間満了による退職

④観光施設駐車場警備(短期10日)→契約期間満了による退職

⑤高原野菜アルバイト(4日)→人間関係が原因で5日目の朝に突発退職

⑥お茶畑超短期バイト(1日)

⑦施設警備(2日)→意外に仕事量と覚える事が多く2日で突発退職

⑧ダブルワーク清掃(30分)→ダブルワークをこなす自信を喪失し、30分でバックレ

⑨配送ドライバー→23年1月現在も継続中

2022年の転職回数はまさかの・・・

9回

嘘でしょ?

ちなみに1年間の最多転職回数は2015年の17回という事も付け加えておく。

通算転職回数は驚異の

126回

自分の負の歴史を真正面から真面目に捉えてしまうと、ネガティブ思考に陥り憂鬱な感情が増幅してしまう。

正直ここまで来ると逆説的に考えて前人未踏の150回を目指したい気持ちが心の奥底でくすぶっているのも事実。

自分としては7月中旬からスタートした配送ドライバーのお仕事がブッチせずに奇跡的に6ヶ月目へと突入した事の余韻に浸っていたせいか、

2022年は転職回数が4回位の感覚になってしまっている。

専門学校を卒業して以来〈1歩進んで2歩下がる〉を繰り返し気がつけば谷底に転落していた自分。

長い間這い上がってこれなかったけれど、

去年の7月中旬から少しづつ谷底から崖を登り始めた。

このままで終わる人間ではない。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました