製造業&倉庫で働く際に必要な持ち物とは?

スポンサーリンク
バックレ・突発退職・ズル休みした時のエピソード

製造業と言いましても、一口に語れず様々な分野があります。私も様々な製造業の会社に勤務してきました。1つとして同じ仕事はありませんでした。自動車・バイク・医薬品・医療機器・家電・製紙。製造業は本当に幅が広いです。

様々な会社に勤務してきた中で実感したことは、例えば作業する際に必要な軍手・手袋が準備していなかったり、段ボール箱に番号を記載する際にマジックを使用しますが、マジック

は自分で準備するとか、逆のパターンで会社が準備してくれたりと、会社によって対応は様々です。私が次に勤務する会社は、自動車部品を製造する会社です。しかし従業員数10

人前後の小さな会社です。という事は名だたる大企業みたいに作業する際に使用する、手袋保護具を始めとする備品は用意していない可能性の方が極めて高いのです。労働災害に遭遇しましても自業自得、自己責任という事になりますので、『自分の身は自分で守る』という

精神で軍手を始めとする作業する際に必要とされる備品を、カインズホームで購入してきました。

DSCN0841

あまりお金は掛けたくはありませんが、今度の勤務先は中小企業ですので、何があっても出来るだけ対応できるように、『最低限必要な物だけ用意しよう』ということで、カインズホームで購入しました。

DSCN0842
①作業用エプロン=今回私が働く仕事は、自動車部品製造の仕事ですので、粉塵&油が飛ぶ可能性もあることから購入しました。
DSCN0843
②手袋=製造業の仕事はいつ労働災害が発生するか分かりません。部品には鋭利な部分がある可能性が有ると思われますので、怪我を防止しかつ保護する為にも、必要なのではないでしょうか?

DSCN0844
③軍手=②と目的は殆ど変わりはありませんが、この軍手は滑り止めがついております。部品によっては滑りやすいので、滑り止めの軍手が必要になるのかもしれません。倉庫作業などでも、段ボールなど滑りやすい物を扱う際に重宝するのは間違いありません。

DSCN0845

④保護メガネ=保護メガネです。部品の機械加工・組み立てなど様々な作業をする際に、
油&粉塵などが飛ぶ可能性は高いです。目に入ってしまいますと、下手をすれば失明の可能性もあります。

DSCN0846
⑤カッターナイフ=結束バンドや、ガムテープで蓋をした段ボールなど様々な場面でカッターナイフを使用する場面が増えそうです。製造業での仕事もそうですが、倉庫などでのピッキング作業でも使用する可能性もあります。
DSCN0847
⑥マジック=出荷する段ボールや紙に品番&品名などを記入する際に使用する可能性有りです。

DSCN0848
⑦メモ帳&ボールペン=仕事内容にもよるかもしれませんが、覚えきれない場合はメモするのも1つの方法かもしれません。
DSCN0852
⑧マスク=作業中に粉塵&油が舞い口から体内に侵入するのを防ぐ為です。

 

ミスすることなく作業することは大事なのですが、やはり1番は怪我無くその日の作業を終えることではないでしょうか?入社したての頃は緊張感がありますが、寧ろ入社し数ヶ月が経過し、作業的にも慣れてきた頃が一番気を付けるべきなのかもしれません。

上記の記事も参考にご覧ください。

念入りに準備しましたが、


こちらの会社は入社4時間で退社致しました。

申し訳ございませんでした。

正式には入社4時間でバックレです。

心から反省しております。


コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました