昨日朝私は、交通トラブルに巻き込まれる!

スポンサーリンク
記事カテゴリ無し(様々な話題)

■目次

  まずは全国的にも大きな話題となった、東名高速道路で発生した交通事故から目次1

  本日朝私が遭遇した交通トラブル目次2


■目次1

目次にもどる

まずは全国的にも大きな話題となった、東名高速道路で発生した交通事故から


全国的にも大きな話題となった東名高速道路で石橋和歩容疑者(25)が進路を妨害し夫婦を死亡させてしまった事故。まずは簡単に概要だけ説明させて頂きます。

石橋和歩容疑者(25)は6月、神奈川県の東名高速で、ワゴン車の前に車を止めて進路をふさいで事故を引き起こし、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)

を死亡させた疑いなどが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、石橋容疑者は東名高速や山口県での交通トラブル以外に少なくとも5回以上、交通違反で取り締まりを受け

ていたことが分かりました。スピード違反のほか、シートベルト着用義務違反や右左折禁止場所の通行などでした。
【出典:テレビ朝日系(ANN)


本当に痛ましい石橋容疑者の鬼畜極まりない行動により、大切な2人の命が失われてしまいました。パーキングエリアで駐車場ではない場所に石橋容疑者が駐車し、進路の妨げになる

ので注意しそれが気に入いらなかったのが、原因でこの様な悲劇的な結果となってしまいました。石橋容疑者には過去に交通トラブルを何度も起こしていていたらしいです。

最終的にトラックが後ろから追突しそれが原因で、2人が無くなってしまいました。このような大惨事のきっかけを作ったのは他ならぬ石橋容疑者に間違いありません。


■目次2

目次にもどる
本日朝私が遭遇した交通トラブル

私は普段からそこまで速度を出すわけでは無く、スピード狂ではありません。一応ゴールド免許ですのし、スピード抑えて走行した方が交通事故に遭遇するリスクも低くなるのです。

違反切符を切られたくないという想いもとうぜんあります。因みに『時速何キロからスピード違反になるの?』という疑問を持つ方が以外といるのかもしれませんので調べてみました。

時速15キロ未満でも違反になる可能性がありますが、時速20キロ未満になりますと取り締まりの可能性が飛躍的に高まります。『制限速度はオーバーしていても、時速15キロ未

満なら大丈夫』という訳ではありません。制限速度内で走行するのが理想です。

私は本日朝交通トラブルに巻き込まれました。コンビニで昼食を購入し、勤務地に向かっておりました。真ん中に白線が無い2車線の道路を自動車で時速35~40キロで走行してお

りました。制限速度30キロの道路です。ふとバックミラーを見ますと後ろにピッタリと白の軽自動車がついておりました。


  (出典:車査定マニア)

メーターを常に見ていたわけではありませんが、私の時速は35キロ~40キロは出ておりました。時速40キロですと車間距離は22メートルです。しかし実際問題正確に車間距離

を保ちながら走行している自動車などは皆無なのかもしれません。今日の後ろから煽ってきた軽自動車は車間距離5メートルもありませんでした。私の予想ですと3~4メートルくらいでしょうか?

私は普段から自動車の時速は制限速度プラス10キロ以内に極力抑えて走行するように心がけております。ですので普段から後続の自動車に車間距離を詰められて、プレッシャーを掛

けられるという事は良くあります。ほぼ毎日かもしれません。もう慣れてしまいました。しかし今日の軽自動車は、正直危険を感じましたし恐怖を感じました。3~4メートルくらい

しか車間距離がありません。明らかにイライラしているのが分かります。時間帯が8時前後で煽り運転を私にした軽自動車を含め、多くの自動車が勤務先に向かっている可能性が高いのかもしれません。

私をあおり続けていた白の軽自動車は、左右に軽く蛇行運転をし明らかに私に圧力を掛けていました。ハザードを付けて先に行かそうとも思いましたが、私に非は全くありませんでし

たのでそのまま走行しておりました。しばらくしますと、反対車線に後ろの軽自動車が出ました。『いよいよ追い抜くのか、どうぞご自由に』と私はこんな感じでした。しかしです。

追い抜くのかと思いましたがまた私の後ろに戻ってしまったのです。私にさらにプレッシャーを掛けようとしたのか、追い抜こうとしたけど躊躇したのか、理由は分かりません

が。そこから数百メートル走行しました。そうしますと信号機が見えてきました。私はその信号機を直進し、蛇行運転を繰り返した頭が少しイカレた軽自動車は右折して行きました。

その時なんとウインカーを出していませんでした。しっかりとバックミラーで私は確認致しました。こういう頭がイカレた非常識な運転をするドライバーが、東名高速で起こったよう

な事故を起こす可能性が十分に有るのです。本当にここまで頭がイかれたドライバーは久しぶりでした。『馬鹿は死ななきゃ治らない』と言いますが、このドライバーは死んでも治らない可能性があるのかもしれません。

目次にもどる

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました