お好み焼きを作ってみた。綺麗なお好み焼きは出来るのか?

スポンサーリンク
マーシーのグルメ

 

スズキ相良工場で期間社員をしているマーシーと申します。

期間工の仕事は体力が資本の仕事になります。

体力が資本の仕事という事はしっかり食べなければなりません。

寮といいましてもレオパレスになります。

集合寮とは違い食事は自分で作らなければならないのです。

仕事がある時はクタクタで疲労困憊な状態で寮(レオパレス)に帰宅します。

そこまで手の込んだ料理を作っている余裕もありません。

いつも簡単な料理で食事は済ませてしまうのです。

年末年始の休暇に入り、そこで今日はお好み焼きを作ることに致しました。

オタフクという知名度抜群の食品メーカーのお好み焼きセットを購入しました。

上記写真のお好み焼きセットを使用します。

粉・天かす・やまいもパウダー・青のりがセットになっております。

便利ですよね。別にオタフクのステマをしているわけでは無いので悪しからず。

袋の中には丁寧にお好み焼きの説明書が同封されていました。

さすが大手食品メーカーは違いますよね。ここまでの気配りは流石です。

粉・やまいもパウダーをボールの中に入れ、そこに水をコップ1杯分投入します。

しばらくかき回せますと、粘々とした状態になります。

ボールの中にキャベツを入れ、かき回せた後に、熱したフライパンの中に投入します。

レオパレスはガスではなくてIHなんですけど、IHって火の通りがあまり良くないような気が致します。

キャベツだけですとシンプル過ぎますので豚バラ肉も入れることに。

段々といい感じになってきました。

上手くひっくり返すことができるのか?と不安でしたがなんとか出来ました。

やまいもパウダーが効果を発揮したのかも。

丁度良い焼き具合です。後は反対側が焼き上がるのを待つのみです。

ソースは丁度あったステーキソースで対応する事に。


焼きあがった上にあらかじめ焼いておいた目玉焼き・天かす・青のりをかけ完成です。

個人的には合格点ですが、別に問題ないと言えば問題ありませんが、ソースはステーキソースよりも普通のソースが合うなと感じました。

自分的には徐々に料理のクオリティが挙がって来ているような気が致します。

今後も徐々に料理の質を上げ、レパートリーも増やしていきたいと実感するのでした。


コメント

  1. たけし より:

    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。
    本日よりエア初めとなります。
    1月中になんとか決めたいです。
    美味しそうですね。
    自炊は一人暮らし初めは楽しくて良いですね。
    私の場合は段々めんどくさくなって外食や弁当になってしまいましたが。
    栄養が偏らないよう注意してくださいね。

  2. らいら より:

    自炊はやれば段々腕が上がっていくと思いますよ。卵とじは具を変えて、
    鍋は味を変えて2-3日食べられるので、節約にもなりそうです。
    前記事の投資信託のコストですが、リターンの良し悪しとは全く関係ありません。
    コストは信託報酬とかの事で、固定でかかる経費です。投資信託を保有してると、支払わなければなりません。
    将来のリターンは誰も正確に予測出来ませんので、固定の経費を抑える事が重要なの訳です(生活の中で、家賃や通信費を抑えるのが重要なのと一緒)
    世界経済インデックスファンドは0.5%ぐらいだったと思いますが、今はバランスファンドでも0.2%台、先進国株式クラスだと0.1%台です。
    マーシーさんがお持ちの本は良書だと思いますが、情報は古いので、最新の本かあるいはブログを読んでから決めた方が良いです。

  3. マーシー より:

    たけしさんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
    本日からエア出勤とは早いですね。この時期は晴れれば暖かいのですが、天気が雨・曇りですとキツイですね。
    1日でも早い就職内定できるといいですね。私もそうですがエア出勤は出戻り率がすごい高いのでお気をつけください。
    なんとか上手に完成しました。自炊はブログのネタにもなるので意外に楽しんでおります。給料が支給され経済的に余裕が出てきたら、特に夜勤帰りなんかは毎日外食しそうな気もします。

  4. マーシー より:

    らいらさんコメントありがとうございます。
    自分的には合格点だと思っております。これから上達していきたいです。
    私が持っている本は2016年7月7日発売された本です。
    世界経済インデックスファンドを購入しようかなとも思いましたが、他にもいろいろあるらしく、まだまだ情報収入の余地がありそうです。
    少なくとも銀行に貯金するだけではなんか寂しいものがあります。出来るだけリスクは最小限に、細く長く続けられるという点で投資信託は魅力的です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました